医者

ヘアサイクルの乱れ

男性

剥げ方がAGA治療と苦痛の場合、第三者に指摘され気付かされる場合があります。治療するタイミングは、40代50代と年齢がある程度いった時です。この時、頭皮環境はすでに悪化しており、毛が弱々しくなり細くなるといった現象が見え隠れします。全ては遺伝か、もしくは食事の影響が出ている可能性があり。若い人に多い禿げは後者が要因である場合がほとんどです。非常に便利になった世の中になっており、電子レンジで温めるだけで美味しいご飯を食べることができます。お野菜からジャンクフードへ、魚から肉中心と、食生活から薄毛になりやすい時代になっています。そのため、このような食生活にも対応出来る専門治療が改善の近道になります。尚、職場や学校の人間関係のストレスで禿げることも多く、一概に食事が要因とは言えない部分があります。少なくとも、現在AGA特有の症状が出始めているなら、これ以上悪化させないための発毛治療が急がれます。

リスクの1つに男性ホルモンがありますが、生殖器の発達に必要な成分になるため、性欲維持といった大切な役割を補っています。ただ、薄毛の原因は過剰に分泌された男性ホルモンにありますから、上手にコントロールするためにも改善策を練る必要があります。現在禿げている頭皮は、ヘアサイクルがおかしくなっている状態を表しています。毛球が育つ数年間、この動作が正常に働かないとやがて退行期に突入します。大事なステップである休止期・成長期を通過していないため、育毛剤を使っても効果が得られないのはこの症状が関係しています。長くそして固い頑丈な毛にするためには、ヘアサイクルのステップを順に踏む必要があり、毛髪が育たない場合は、抜け毛になってこの世を去ることになります。成長期はだいたい数ヶ月から一年の歳月があります。さらに成長するために踏ん張り、正常化されると二年から六年かけて強い毛へ成長します。毛球がしっかりしてきますから、簡単に抜けることがありません。発毛治療をして抜け毛が減少したのは強く成長したためです。薄毛で悩まされる患者の多くは、太くなる前に退行期を二週間で迎えます。完全に成長が止まると退化していき、休止期である数ヶ月から一年の間に毛が大量に離脱します。正常なサイクルを持っているなら、脱毛した箇所にはまた新しい毛が顔を出しますが、AGAを発症している場合、そう簡単には稼働せず、サイクルを失ったままツルツルになります。発毛治療に必要なのは、毛が生えたくなる環境作りとヘアサイクルを元通りにすることです。専門知識がないと難しく、発毛治療を本格的に受けたいなら専門クリニックの受診が最適です。発毛治療を行ない、禿げとは言わせない頭皮を手にいれましょう。